profile
作家プロフィール

日本画家  川村 愛 Ai Kawamura

1975年宮崎県延岡市出身 福岡市在住
福岡教育大学 小学校教員養成課程美術科日本画研究室卒
水谷興志先生に師事
福岡市を拠点に各地で個展・グループ展を行い、作品を発表。海外にも活動の場を広げている。
また、日本画のカルチャースクールやワークショップを開催し、日本画の振興に努めている。
JEUGIAカルチャーセンター 日本画いろは・みんな芸術家クラブ 講師/専門学校 非常勤講師

主な活動歴

1999
日本の自然を描く展 (東京都 上野の森美術館)
1999-2000
FUKUI サムホール美術展 (福井市 福井カルチャーセンター)
2001
福岡県美術展 (福岡市 福岡県立美術館)
熊日21世紀アート大賞展 (熊本市 熊本熊本県立美術館)
2002
個展 Welcome to the world (福岡市 天神IMS イリスギャラリー)
2008
中国四川省震災チャリティー美術展(福岡市 福岡国際ホール)
2012-2016
グループ展 〇人展 (福岡市 ギャラリーおいし)
2013
個展 The reflexion  (福岡市 ギャラリーおいし)
クルーズトレイン『ななつぼしin九州』オブジェ制作
個展 The flower (福岡市 ギャラリーEnlace)
2014
悠悠展(福岡市 ギャラリーEnlace)
アクセサリー・日本画・博多織三人展「uruu」(北九州市 ギャラリーgirasole/福岡市 鹿島本館)
和のミュージアム (福岡市 旧簀子小学校)
FASHION MASTERS 2014 Making of Fashion Show ライブペインティングパフォーマンス (福岡市博多リバレイン)
個展 花蝶風月 (福岡市 ギャラリーEnlace)
2015
個展 絵のあるくらし (福岡市 Panasonic リビングショールーム薬院)
06展(福岡市 ギャラリー風)
2016
個展 四季を描く 川村愛日本画展(宮崎市 宮日会館)
春の息吹展(福岡市 古民家ぎゃらりぃ花うさぎ)
JAMA展(福岡市 福岡県立美術館)
韓国・中国・日本作家 慶州を描く展 (韓国 慶州市 羅宇ギャラリー)
夏のあしらい展(福岡市 古民家ぎゃらりぃ花うさぎ)
光州国際アートフェアArt Gwangje 2016 (韓国 光州広域市 アジアアートセンター)
躍動する現代作家展 (福岡市 アジア美術館)
Art Fair Asia/Fukuoka awards 2016 (福岡市 福岡アジア美術館
アートの寄り道展(福岡市 天神IMS九州マルシェプラス)
集う~遠景-近景 1974‐2016 (福岡市 ギャラリーおいし)
2017
個展 川村愛日本画展 花~the flower~ (京都市 アートギャラリー北野)
個展 ~日本の四季を描く~川村愛日本画展 (延岡市 ギャラリーかわなか)
2018
博多阪急7周年記念展示 『花Body』オブジェ制作 (福岡市 博多阪急) East Meets West Art Exhibitions (アメリカ・フロリダ州 Safety Harbor Museum)
個展 花信風 川村愛日本画展 (福岡市 ギャラリーEnlace)
日本画NEXT展 (福岡市 ギャラリー風)
East Meets West Art Exhibitions in Japan (福岡市 410Gallery)
はなのひととき 川村愛日本画展 (飯塚市 ギャラリー青)
枝香庵サマーフェスタ2018 (銀座 ギャラリー枝香庵)
Unknown Asia Art Exchange Osaka (大阪市 ハービスホール)

Profile

Japanese-style Painting Artist

1975
Born in Miyazaki ,Japan
1998
B.A Degree in Fine Arts, Fukuoka Education University,
Studying under the Artist, Professor Koji Mizutani
1999
The Exhibition drawing the nature of Japan ,Ueno-mori Art Museum, Tokyo, Japan
1999-2000
FUKUI thumbhole art exhibition, Fukui Culture Center, Fukui, Japan
2001
Fukuoka Prefecture art exhibition, Fukuoka Prefectural Museum,
Kuma-Nichi 21st century Art Prize Exhibition, Kumamoto Prefectural Museum, Kumamoto, Japan

Solo exhibition

2002
“Welcome to the world”, IMS IRIS Gallery, Fukuoka, Japan
2013
“The reflexion” , Gallery Oishi, Fukuoka, Japan
“The flower”, Gallery Enlace, Fukuoka, Japan
2014
“Flowers Butterfly Wind The Moon / 花蝶風月”, Gallery Enlace, Fukuoka, Japan
2015
“Living with Art / 絵のあるくらし”, Panasonic living show room Yakuin, Fukuoka, Japan
2016
“Draw the four seasons / 四季を描く”, Miya-Nichi Hall, Miyazaki, Japan
2017
“the flower / 花”,Art Gallery Kitano,Kyoto,Japan
“Draw the four seasons in Japan /日本の四季を描く”,Gallery Kawanaka,Nobeoka,Japan
2018
“KASHINFUU / 花信風”, Gallery Enlace, Fukuoka, Japan / “KASHINFUU / 花信風”, Gallery Enlace, Fukuoka, Japan

Group exhibition

2014
The Exhibition “Japanese culture和 museum”exhibit, Sunoko Hall, Fukuoka, Japan
“FASHION MASTERS 2014 Making of Fashion Show” Live painting performance, HakataRiverain,Fukuoka,Japan
2016
The Exhibition “Korea, China and Japan Artists draw Gyeongju”, Row Gallery, Gyeongju, Korea
Art Gwangje 2016 / Gwangje International Art fair , Asia Culture Center ,Gwangje, Korea
Art Fair Asia/Fukuoka awards ,Fukuoka Asia Museum, Fukuoka, Japan
2018
East Meets West Art Exhibitions (America, Florida, Safety Harbor Museum)

 

Statement

自らが出逢った季節の花々や生き物達に、日常の中で生まれてくる人の『情』を投影し、日本画という、古来、日本に伝わってきた絵画の技法とその精神にのっとって制作をしています。
要素を削ぎ落としたモチーフだけの構図は、琳派やジョージア・オキーフの作品に影響を受けています。
近作は、銀箔を硫黄で変化させ侘びた味わいを引き出す『焼箔』技法を用いることで、時の移ろいを表現し、簡潔な構図の画面に奥行きをもたらしています。

To flowers and the creatures of the season when I met, I reflect "the Emotion" born in life and produce it in conformity with the 日本画 Japanese-style painting technique and the mind that reached Japan from ancient times.
The composition only for the motif which trimmed an element is affected by a work of 琳派 Rin-pa and Georgia O'Keeffe.
In the recent work, I use technique the "焼箔 sulfidation foil " which changes Wabi taste silver foil with sulfur , and express passage of the time and bring the depth to a screen of concise composition.